北限の桃狩り体験談!北限の桃の木のオーナーになるには?

かづの 北限の桃 コンパニオンプランツ
Pocket

秋といえば「読書の秋」「スポーツの秋」「行楽の秋」です。

ですが、一番は「食欲の秋!!」ですよね。

秋の味覚というほど秋には、美味しい食材がたくさん出回ります。

なんといっても秋は、1年を通じて大切に育てられた果樹園の果物の収穫時期、果物の旬な時期でもあるんです。

夏の日差しをたくさん浴びた果実が、たくさんの栄養を蓄えて秋には食べ頃になります。

そして、観光地としても人気のスポットの一つに、果物狩りがあります。

果物狩りは、毎日とか月に1回とかではなく、1年のうちの限られた期間だけなので一層、楽しみの一つになりますよね。

果物狩りには、リンゴ狩り、ブドウ狩り、ナシ狩り、キウイ狩り、桃狩りなどたくさんあります。

栗拾いなんかも家族で楽しめる果物狩りです。

そこで今回は、北の大地雪国で育てている、秋に収穫できる美味しい桃があるのを知って、秋田県鹿角市の北限の桃の桃狩りに行ってきました。

桃の旬な時期に、桃を食べたくて、秋に収穫できるという北限の桃の桃狩りです。

この記事では、桃狩りを体験したときの体験談と、北限の桃の木のオーナーになるには?という内容をご紹介します。

 

鹿角北限の桃桃狩り体験談

秋田県の豊富な「いで湯」にかこまれた自然豊かな街、鹿角市十和田の佐藤果樹園さんを訪問しました。

ここ鹿角は、北限の桃で有名な桃の産地です。

いつも桃がスーパーや店頭に並ぶ時期は、早いと6月~7月の夏頃なので、桃を見かけると夏の始まりを感じます。

ですが、ここ鹿角の北限の桃は、全国内で桃を収穫するのが一番遅くて、夏が終わった9月上旬から9月中頃が収穫の時期になります。

そう、ここでは、夏が終わったころ、に収穫する美味しい桃を食べることができるんです。

北限の桃の由来ですね。

何より、桃が全国で少なくなる時期に収穫できるので、希少価値が高い桃になるんです!

東北秋田の厳寒な冬と暑い夏、昼と夜の温度差が激しい気候の中でこの北限の桃は育てられます。

そのため、果実は糖度が高くなり、濃厚で酸味と甘さのバランスがよくあわさった他ではない絶妙な味で人気なんです。

私が訪問したのは9月末で、桃狩りには少し遅い時期でしたが、どうしても北限の桃の桃狩りをしたかったので、果樹園に事前に連絡をいれておきました。

もう、心が桃狩り~だったんですね。

実は、週末に訪問したいと伝えたところ、そのころは桃の収穫が終わっているとの返答でした。

あと5日間あったので、きっとその間に最後の桃が熟してとりごろを過ぎてしまうということでした。

それでも、心が桃狩り~だったので、何とかお願いをして訪問だけでもしたいと伝え、秋晴れの日のドライブがてら果樹園へ向かいました。

私が住んでいる地域から高速を使って、車で2時間。

カーナビさんに果樹園まで案内してもらいながら、目的地へ。

ですが、目的の果樹園を探すのが一苦労!!

なぜって、左右前後、果樹園だらけなんですからっ。

果樹園さんに電話をしてナビしてもらいながら、果樹園ばかりのなかから目的の佐藤果樹園さんへ到着です。

そして車で、手招きされている果樹園の中の方へ中の方へ進んでいきました。

車を降りると、あたり一面りんごや梨、桃の木がたくさんです。

そのなかで、ずっと桃の甘~い香りがそこらじゅうにひろがっていました。

実は、本来は収穫後のはずなのに、私達がくるまで、数本の木に桃の実をギリギリなんとか残しておいてくれていたんです。”(-“”-)”

だから、熟した桃の香りでいっぱいだったんですね。

そんな嬉しいご配慮をいただけて、念願の桃狩りを体験をさせていただきました。

収穫時期を待っていてくれた桃は、まるまる大きくていい香り、完熟で食べ頃です。

桃が熟した香りって、なんともいえない甘ったるい香りで、幸福感を感じますね。

心がまた桃狩り~に踊ってしまってました!

そんな桃狩りを体験させていただき、感謝と幸福感でいっぱいに。

こんなひと時が大切ですよね。

そして、果樹園のオーナーさんから桃の採り方を教えていただきました。

桃の実は、本来は高いところの方が太陽をたくさん浴びるので、上にある実の方が早く熟すそうです。

今回は残しておいていただいたので、全部手の届く高さの桃でも十分に熟しごろでした。

そして桃の実は、全体的にふっくらと丸みを帯びて桃色で香りが強いものを選ぶのがよいそうです。

何より熟した桃は大変デリケートなので、優しく扱うことが大切です。

桃は傷ついた部分から痛んでくるので、桃に触れる時は赤ちゃんを触る時のようにそっと優しく触れて爪などで、傷がつかないように気を付けましょう。

桃狩りでは、手で収穫するのでデリケートな桃に傷をつけないように軍手や手袋を用意しておきましょう。

桃の実の採り方は、左手で桃の実がなっている枝をおさえながら,右手の手のひらで桃を優しくつつみこんで、そのまま桃をくるんとひねりながら真下に引っ張るときれいにとれます。

2~3個採るとコツがつかめます。

下から見ていると分かりづらいけど、桃の実が大きいと木の枝に食い込んでいるので、まわすと実が傷ついてしまいます。

桃を収穫する際は、実のなり方を左右上下からきちんと見て採りましょう。

私が最初に収穫した桃は、この食い込んだ桃でした。

自分ですぐに食べる分ならば、キズありでもいいけど、何となく悲しくなりますね。

そして、果樹園での桃は好きなだけ取り放題です。

私たちが厳選して収穫した桃の実は、全部で26個でした。

まだまだ収穫することができたのですが、ここは果樹園、収穫した数を購入するシステムです。

自分で食べれる分ではなく、購入できる金額の分だけと考えて収穫したほうがいいですね。

ついつい永遠に桃狩りにはまってしまいそうになるのですが、そこはきりよくほどほどにしてきりあげましょう。

ここ北限の桃の桃狩りの入場料は無料です。

桃は取り放題、収穫した分を購入するという流れです。

桃の実1個の金額は250円。

うちは250円×26個を購入しました。

ご近所さんに配るにもちょうどよい数です。

何より、北限の桃の桃狩り体験では、普段なかなかできないような贅沢な時間をすごすことができました。

 

鹿角の北限の桃の品種は?

北限の桃の種類は、白桃の川中島白桃です。

川中島白桃は、全体にうっすらうぶ毛が生えていて、きれいな桃色が特徴です。

果肉との味の良さが抜群で、特に熟すと甘味が強くなります。

本来、日持ちにも優れていますが、私の訪問したころは、収穫時期の終わりころだったので、桃はほぼ完熟状態で食べ頃でした。

あたり一面が甘ったるい香りにつつまれていたのも完熟していたからですね。

北限の桃の木のオーナーになるには?

鹿角の北限の桃の桃狩り体験談!北限の桃の木のオーナーになるには?

ここでは誰でも、北限の桃の木のオーナーになれるうれしい制度がありました。

1本の桃の木のオーナーになれるんです。

契約期間は1年間で、申し込みから収穫時期までの期間です。

その後は1年ごとの更新契約になるので、そのまま毎年更新する方が多いそうです。

桃の木1本から収穫できる桃の実は、約50個くらいで、その年の気候によって増減するそうです。

1本の桃の樹で採れる桃の実が、重量に満たない場合でも最低個数の50個を補充してくれます。

遠方の方でも、その木から採れた果実を発送してくれるので、遠くの方でも桃の木のオーナーさんになれます。

そして桃の木の管理は全て果樹園でしてくれますが、桃の樹オーナーご自身で収穫以外の作業もできるそうなので、お手伝いするのも楽しそうです。

お近くなら、桃の樹の成長を見に行ったり、果樹園の中へ癒されに行くのもいいですね。

そして、桃の収穫時を前もって教えてくれるので、その時期に家族や友人と一緒に自分の名前がついた桃の樹の桃狩りができるのが

桃の木オーナーになって、毎年秋になると「北限の桃」が届くなんて楽しみです。

そして、今回、桃狩りに魅了された私も桃の木オーナーになろうと応募してみました。

ですが、今年は募集終了とのこと。

人気があるので、一度桃の樹のオーナーになったら次の年も更新する方がほとんどなので、オーナー枠に空がでたら募集をするというお話でした。

今回は残念でしたが、次回の桃の樹オーナーになれるように予約をしてきました。

今からいつ桃の木のオーナーになれるか楽しみが増えました。

桃の樹オーナーの手続き方法は?

鹿角の北限の桃の桃狩り体験談!北限の桃の木のオーナーになるには?

まずは、オーナー募集に枠があるか確認してみましょう。

  1. 桃の木オーナー申込用紙に記載する
  2. コースを選んで、料金を前払い
  3. 桃の木オーナー証が届く
  4. 1本の樹にオーナーの名前のついた看板が取り付けられる
  5. 収穫時にお知らせがくる
  6. 収穫を楽しむ(収穫時に訪問できない場合は郵送してくれる

◆申し込みたい旨を連絡すると、申し込み用紙と料金の振り込み用紙を送ってくれます。

桃の樹オーナになる料金はいくら? 

ここでは、北限の桃の樹オーナーのほか、鹿角の林檎の樹のオーナーも同時に募集してます。

各コースの中からお好きなコースを選びます。

北限の桃の桃の樹のオーナー料金は、年間12,000円のコースと、年間20,000円のコースがありました。

その違いは、最低収穫個数が50個なのか、80個なのかの違いです。

りんごの樹オーナーの料金も、10,000円コースから15000円コース、20000円コースといろいろあります。

新鮮な採れたての果実が、果樹園から直接いただけるのですから、この料金でもお得な金額だと思います。

 

鹿角の北限の桃の桃狩り体験をしてみてまとめ

鹿角の北限の桃の桃狩り体験談!北限の桃の木のオーナーになるには?

鹿角の北限の桃の桃狩り体験をしてみて、贅沢な時間を過ごすことができました。

桃の香りにかこまれて桃狩りをすることで幸福感を感じることができます。

何より桃はスーパーで買う桃より、もちろん鮮度がよくて、自分が収穫したと思えば愛着もわくので格別に美味しいこと間違いなしです。

何より、桃狩りではお値段以上の価値が得られます。

果樹園の上に広がる空と太陽。

左右にはたくさんの桃の樹に囲まれた果樹園の風景。

甘い香りにつつまれる幸福感。

自分で収穫したもぎたての桃。

いつもと違う日常を感じることができます。

ここ北限の桃の桃の実は、酸味と甘みのバランスが良くて果汁が多くとってもジューシーです。

地元では、そんな北限の桃でつくった缶ジュースが販売されてます。

これもまた果汁たっぷりで甘くて、お土産に是非おすすめです。

何より、北の大地で育つ北限の桃狩りは、他より収穫する時期が遅いので、気候も暑すぎなく虫も少ない季節、ドライブついでに秋の晴れた日に訪問することで気分爽快です。

雪国秋田の鹿角北限の桃の桃狩りで、贅沢な空間と格別の味を堪能してみるこことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました